雑記

本が好きすぎて本屋に住みたい!本の魅力を語る

どうも、ほなです。

リクエストの音楽以外の趣味ということで、前回は落語の記事を書きました。

今回は趣味の一つである、読書について書きたいと思います!

私は昔から本を読むのが好きで、どんなに多忙でも、最低月に2冊は読みます

ブログ書くのにも本好きは多分役立ってると思います。なんとなく、ですが。

そんな私が、本の魅力について書きます。

読書の魅力

まず、本は勉強する上で、すごく効率の良いツールなんですよ。

わかりやすい図解を載せておきます。

だから、私は何かをはじめる、勉強するときは必ず本を買います。

たとえば、Photoshopを勉強するにあたってこの本を買いました。

 

あ、Photoshopをもっと簡単に学びたい人のためにnoteも出してますので、よかったらぜひ。

そして、ブログを始めるときにも、この本を読みました。この本はまじで何回も読んでます。

まあブログのために読んだ本はあと2、3冊あるんですけど、それはまた別の機会に紹介します。

本に引き寄せられる

何言ってんだこいつって感じかもしれませんが、本屋に行くと、本に引き寄せられることがあるんですよね。

これ、本好きの人は、わかりますよね?

フラッと本屋に行くじゃないですか。

私は本屋に住みたいくらい本屋が好きなので、事あることに用事がなくても本屋に行くんですけど、

そうしたら、たまに、今の精神状態にぴったりの一冊に引き寄せられることがあるんですよ。

 

本当に、たまたま手に取った一冊が人生を変えるバイブルになったりだとか。

そんな経験があった時に、本好きやめれないなと思いますね。

本屋が好きすぎて、個人書店の作り方を調べたことがある

全然、本の魅力の話からは逸れますが、

本屋が好きすぎて、本屋作れないかなと思ったことがあります。笑

大手本屋で働くのはちがうくて、個人書店で、本読みながらレジをするみたいなのがやれないかな、と思った時がありまして、笑

その時に読んだのがこの本

意外と本屋経営って本読む暇すらないんだなと思って、辞めました。

最近読んだお勧めの本

せっかく、本好きで、コンスタントに読書をしているので、おすすめの本なんかも今後紹介できたらなーと思います。

でも、書評とかはなんかブログネタに困って逃げてる感じ?があってやりたくないなーと思っていたので、サクッとしか紹介しません。

ぽんぽんぽんって紹介するので、興味あったらポチって見て下さい。

ちゃんと読んで、良いと思った本しか紹介してないので。

本読むのが趣味だと、たまに、なんだこれって本に当たることもあるんですよね。笑

去年一時期書店にこればっかり並んでましたね。笑

いい意味でも悪い意味でもサクッと読める。

読むの遅い人でも2時間あれば読めます。

最後の最後でのどんでん返しが面白いです。

 

彗星の如く現れ、連続して本を出し続けている住野よるさん。

私は膵臓よりもこの本が好きです。何度も読みたくなる本です。

 

ここで、違ったテイストの本を。

朝日新聞社が出している、傍聴席からのリアルな裁判の様子をまとめた本。

事実は小説よりも奇なり。という言葉がぴったりなこの本。

まじで癖になります。何回も読んでます。(変態)

 

この小説、まさに私の地元の話で、すごく感動するのですが、

私は大好きなんですけど、大阪の人じゃないと難しいかも。

昔、大阪の書店員が選ぶ大阪の人に読んで欲しい本(すいませんうろ覚え)の1位になっていました。

 

ちょっとエロい感じの内容ですが、大人の恋愛小説です。

3人の立場どの感情にも移入できて、これを読んだ時に人間関係に悩んでたこともあり、すごく心にきました。

 

今回はこの辺で!なるべくテイストがバラバラのものを選んだつもり!

また1ヶ月後くらいに読んだやつのなかでお勧め紹介します!

それでは。