ライブハウスに行きたい

“ライブハウスに行きたい”~モッシュ・ダイブ/ライブのマナーについて~

どうも、ほな(@mu_mk_re_trk)です。

今回は、“ライブハウスに行きたい”~モッシュ・ダイブ/ライブのマナーについて~です。

モッシュについて

ライブハウスでは、観客のエリア(フロア)にも呼び方があります

ライブハウスはこのような作りになっており、柵から手前の観客スタンディングエリアがフロアと呼ばれます。

フロアの一列目は最前と呼ばれ、整理番号が早ければ最前をゲットすることができます。

最前の次、2列目、3列目くらいまでは酸欠になりそうなくらい人が、押しかけます

大体2列目から5,6列目くらいがモッシュピットと呼ばれ、人が押し合いへし合いします。

モッシュピットがわからない方はこちら↓

あわせて読みたい
"ライブハウスに行きたい"~基本用語~今回は、"ライブハウスに行きたい"~基本用語~です。ライブにおける音楽用語など基本から解説します。ハコ/キャパ/ロッカー/クローク/バーカン/先行物販/モッシュ/ダイブ/ワンマン とは...

モッシュピットでのマナー

基本、モッシュピットに入る場合は荷物を持たないのがマナーです。

帽子や眼鏡なども吹っ飛んでいく可能性が高いので、しないようにしましょう。

眼鏡をどうしてもする場合は、スポーツ用の眼鏡を固定するバンドをしている人が多いです。

それでも割れたら危険ですし、眼鏡をする場合は自己責任でお願いします。

あと最近の若いファン層に多いですが、モッシュは音楽に合わせて好きにノりたい、踊りたい人が集まる空間であって、人に体当たりしたり、大暴れするようなところではありません

怪我したらせっかくのライブも楽しくなくなるので、ライブに慣れている人であっても、思いやりとマナーを大切に(ё)、ですよ。

 

ダイブについて

モッシュピットではダイブも発生します。

ダイブの意味がわからない方はこちら↓

あわせて読みたい
"ライブハウスに行きたい"~基本用語~今回は、"ライブハウスに行きたい"~基本用語~です。ライブにおける音楽用語など基本から解説します。ハコ/キャパ/ロッカー/クローク/バーカン/先行物販/モッシュ/ダイブ/ワンマン とは...

大前提として、ダイブは基本的に禁止のライブが多いです。

この記事でダイブを推奨しているわけではないので、そこは理解してください。

そもそもダイブしたいからする、ってもんでもなくて、ライブが楽しくて楽しくて気づいたら飛んじゃってた!ってのが本当のダイブです。

ダイブってどうやって飛んでるの?

まず、モッシュピットのガタイのいい人の肩を掴みます。この人のことを発射台と言います。

大体、発射台になりそうなガタイの人は、発射台にされることをわかっているので、肩に手をかけるとしゃがんでくれます。

肩に手をかけたら斜め前にジャンプします。

後ろにいる人たちがダイブしたそうな人を持ち上げて、送り出してくれます。

ダイブはたくさんの人の協力があってこそできるものなのです。

ダイブをする際のマナー

それでもダイブをしたいという方へ。

ダイブは非常に危険な行為です。全て自己責任で。

自分が怪我をする危険があるだけでなく、怪我をさせてしまう危険もあります。重ねて言いますが、全て自己責任でお願いします。

ダイブは支えてくれている人、セキュリティのスタッフさんが受け止めてくれるからこそできる行為です。

“ダイブするなら、支えてくれてありがとうの気持ちを忘れるなよ、自分ばかりになっちゃいけない。もし飛ぶなら支えてくれてサンキュー!と思いながら飛べ!”

と、キュウソネコカミのヤマサキセイヤさんもブログに綴っていました。

 

ダイブをする際は、自力で転がる、足を上げる、これを絶対に守ってください。

人の頭を手で押して転がったり、足をジタバタしている人が最近多すぎます。

足を常に天井側に上げることを意識して、腹筋を使って自力で転がる。これが鉄則です。

そして、最前で降りる時もセキュリティのスタッフに受け止めてもらおうとしない。

ダイブする人が多かったらセキュリティの数が間に合わないこともあります。

自分で着地できる前提で飛んでください。

 

むしろこれができない人は飛ぶべきでないです。

ダイブで着地に失敗して起き上がらなかった人を見たことも、ダイバーに足蹴り食らって鼻血出てた友達もいます。

自分が危険行為をしているという自覚を持って、それでも飛ぶなら、支えてくれている人に感謝を持ってダイブすること。

これがダイブをする際のマナーです。

ライブハウスのマナーについて

ライブハウスは自由が守られている場所です。それでも最低限のマナーはあります。

服装に関するマナーはこちらの記事を参照してください↓

あわせて読みたい
"ライブハウスに行きたい"~どんな格好で行けばいいの?~ライブってどんな格好で行くの?荷物はどうするの? いよいよライブに行く準備をしましょう!ディッキーズ?ライブキッズ?クローク?とにかくライブに行く時は動きやすい軽装が大事です。...

基本的に写真はNGです。

許可を出しているバンドもいますが、それ以外は、勝手に写真や動画を撮ってはいけません

撮影可のライブ↓

 

水をまく行為は厳禁

時々水をまいたりする人がいますが、絶対にやめてください。

バンドの機材や、楽器はすべて電子機器です

あなたのスマホに水かけているのと一緒ですよ

 

ライブ中に歌わない

バンドマンが歌うように煽っている部分以外は歌わない。

結構人気バンドとかだと、ずっとアーティストと一緒に歌っている人がいますが、誰もあなたの歌は聴きに来ていません。迷惑です。

 

当たり前ですが、自分で出したゴミは自分で捨てる

時々ライブハウスの前や、バーカン周辺に持ち込みのお酒が落ちていることがあります。

マナーというより、人としての常識です。

 

ここまで色々書きましたが、ライブハウスは自由な空間です。

楽しみ方も自由です。とても楽しい場所です。

もしライブハウスで会ったら一緒に遊びましょう!

 

それでは。

ライブハウスに行きたい、シリーズはこの記事で一旦終わりです。

次回の記事は、“ライブハウスに行きたい外伝①”~フェスに行きたい!!~です。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

記事が面白いと感じたら、下のボタンよりシェアよろしくお願い致します。

Twitterのフォローも絶賛受付中!!!!

ツイ廃ほなをいますぐフォローしよう↓↓↓