バンド

キュウソはコミックバンド?邦楽ロック好きが考える2018年コミックバンドの定義

どうも、ほな(@mu_mk_re_trk)です。

コミックバンドという言葉を知ってますでしょうか。

googleでコミックバンドを検索するのと、サジェストされるのが、

  • 「コミックバンド 四星球」
  • 「コミックバンド キュウソネコカミ」

個人的には、四星球はコミックバンドだと思います。

でも、キュウソネコカミはコミックバンドなんでしょうか?

そもそもコミックバンドの定義って何なんでしょうか?

コミックバンドの定義/意味

音楽の演奏よりも、滑稽な仕草や面白おかしい歌詞で聴衆を楽しませるバンドのこと。
引用:ウィキペディア

バンドの中でも、ふざけているバンドをコミックバンドと言うみたいですね。

でも、滑稽か、面白いかは個人差が非常にあるような気がするので、たぶんポイントは音楽の演奏よりも、って所だと思います。

昔だと、ザ・ドリフターズやかしまし娘がコミックバンドとして定義されているようですが、いや、あれはバンドじゃなくて芸人やん?

そこで、2018年の個人的なコミックバンド、コミックバンドぽいけど違うバンドをまとめました。

2018年コミックバンド

四星球

四星球に関しては、公式でコミックバンド宣言してますし、コンセプトも「日本一泣けるコミックバンド」なので、異論はないでしょう。

超能力戦士ドリアン

ドリアンは間違いなく、コミックバンド。

ギター2人とダンス1人で、ドラム等は打ち込み、しかもライブではフロアを走り回ったり、お客さんを巻き込んだりしてるので、間違いなく、音楽の演奏よりもパフォーマンスを重視しています。

個人的にはなんで売れてるのか全く分かりません。

ゴールデンボンバー

言うまでもなくコミックバンド。

もはや演奏していません。

ここから判断が難しくなってきます。

岡崎体育

そもそも、バンドではない。笑

でも、ライブのパフォーマンスを見る限り、歌ってなかったりするし、お客さんもそれを楽しみに行ってるので、まあコミックバンドと定義して良いでしょう。

レキシ

レキシもバンドではない。笑

ただ、ライブで稲穂を振り回している事を考えたらやっぱりコミックバンドと定義して大丈夫でしょう。

グッズで「INAHO」が売っているのとか本当に意味が分からない。笑

 

次は、コミックバンドではないと思うバンドです。

コミックバンドではないバンド

キュウソネコカミ

キュウソはgoogleもおすすめしてくるくらいのコミックバンドらしいですが、個人的にはコミックバンドではない。

確かにふざけてはいます。普通歌詞にクソワロタとか書かない。

でも、ライブ見たらわかりますけど、めっちゃちゃんと演奏してます。

確かに筋斗雲に乗ったりするけど!本人達もコミックバンドではない宣言してましたし。

打首獄門同好会

打首も難しいところではあります。

「布団の中から出たくない」とか、「私を次郎に連れてって」とかふざけているとしか思えない。

でも、演奏がちゃんとしているので、個人的にはコミックバンドではないです。

普通にライブかっこいいし。

河内REDS

河内は全然コミックバンドではないと思います。

確かに、「シルバーハート」とか「男はみんなちょっとだけホモ」とか、歌詞はふざけてます。

でも、曲を聴いたらめちゃくちゃかっこいい。

ライブも普通に演奏してるので、コミックバンドではないですね。

コミックバンドの定義は難しい

コミックバンドの線引きは非常に難しいですが、基本的には演奏をちゃんとしているかどうかだと思います。

まあ、これだけ書きましたけど、コミックバンドであろがなかろうが、どのバンドもライブめちゃくちゃ楽しいので、ぜひ一度見てみて下さい!

無条件で元気になりますよ。

それでは。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

記事が面白いと感じたら、下のボタンよりシェアよろしくお願い致します。