映画

コナンを見たことがない私が、映画「コナン ゼロの執行人」を見た感想、解説!

どうも、ほな(@mu_mk_re_trk)です。

映画、『コナン ゼロの執行人』を見てきました!

実は…私…コナンのアニメも漫画もほぼほぼ見たことないんです…笑

コナン以外の登場人物を知らないレベルです笑

 

なのになぜ見に行ったかというと、この映画を愛してやまない、ブロガー仲間からのお誘い。

とりあえず彼女の記事を見て欲しい。愛が溢れすぎて、語彙力の欠如である。

 

とりあえず見た感想としては、「む…むずい!!でももう一度見たくなる!」そんな映画でした。

感想を交えつつ、見所を解説していきます。※ネタバレ注意

あらすじ

まずは、サクッとあらすじを。

 

東京湾の海上に作られた東京サミット会場「エッド・オブ・オーシャン」で、突如大規模爆破事件が発生。

犯人として疑われたのは、毛利小五郎

毛利探偵の潔白を証明するために、コナンたちは奔走する。

爆発事件の背後には、毛利探偵事務所と同じビルの一階にある喫茶店「ポアロ」で働く青年・安室透

コナン「今回の安室さんは敵かもしれない」

公安と、安室、そしてコナンの、正義をかけたぶつかり合い!

見所① 「安定の大爆発」

コナンの映画でもはや定番となっている、大爆発。

今回も、事の発端は大爆発から始まります。

見所② 「IoTテロ」

爆破事件とは別に起こる、IoTテロ。

爆発の肝となっているのも、IoT、そしてサイバー攻撃。

事件の背景も、時代の流れを汲んでいて、感心しました。

あと、サイバー感のあるアニメーションが節々に出てきてかっこいい!!

見所③ 「壮大すぎるアクション」

やりすぎじゃないのか?ってくらいの安室さんのカーアクション。

ドリフトや片輪走行はもちろんの事、車が空を飛びます。

ちょっと壮大すぎて笑ってしまいました。

見所④ 「キーマン、安室透

安室さんの言動がいちいち全部かっこいい。顔もかっこいい。

この映画を見た女子は全員「安室の女」になってしまうほど!(私はならなかったので女子ではないみたいw)

今回の大きなテーマが「正義」なのですが、自分の正義を貫く姿に誰もが、心を打たれます。

最後の「僕の恋人は…この国さ!」のセリフには全女子が撃ち抜かれるはず。

見所⑤ 「エンディングテーマ」

福山雅治が歌っている主題歌「零-zero-」が良い!!

映画を見る前に、「エンディングロールまで全部見ろ!!」と熱く言われていたのですが、その意味がわかりました。

書き下ろしの曲なだけあり、ストーリーと相まって、ホォォォオ!感激!となります。

感想

今回の映画は、サミット会場が爆破される事件がメインとなっています。

これは2020年東京オリンピックのテロの、風刺にもなっているんじゃないかと感じました。

そして、IoTテロ。

今の時代、テロと言っても、物理的なものだけではなく、サイバーテロも起こり得ります。

その事実に対する、提言にもなっているのかなと思いました。

 

公安を巡っての争いが繰り広げられるのですが、正直むずい!!!

めちゃくちゃむずい!

???ってなるタイミングが何度かあったので、もう一度見て理解したい!!

 

完全に子供向けではなく、大人向けの映画でした。

子供にはストーリーが理解できないんじゃないかな…

そんな感じです!

予告をチラ見せ

気になった人に、予告をチラ見せ!

面白そうと思ったら、ぜひ映画館へ!!

 

それでは。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

記事が面白いと感じたら、下のボタンよりシェアよろしくお願い致します。

Twitterのフォローも絶賛受付中!!!!

ツイ廃ほなをいますぐフォローしよう↓↓↓