ライブハウスに行きたい

“ライブハウスに行きたい外伝②”~遠征してみよう~

どうも、ほな(@mu_mk_re_trk)です。

今回は、“ライブハウスに行きたい外伝②”~遠征してみよう~です。

遠征

遠征とは他都道府県までライブを見に行くことです。

なぜ遠征に行くのか

・自分の住んでいる県にアーティストが来ないから会いに行く
・周年ライブや、復活ライブなので遠征してでもライブを見たいから
・対バンが最高で自分の好きなバンドばかり出演するから

など、理由は様々です。

遠征の持ち物は?

ライブに持っていく持ち物に加え、宿泊するのであれば歯磨きセットや、パジャマも持って行ったほうが良いでしょう。

もちろん、チケットは忘れずに!!!

夜行バスに乗る場合は、結構バスは寒いことがあるので、上着を持って行った方がいいかもしれません。あとマスクアイマスク、バス用の枕もあったら便利。

モバイルバッテリーもあった方がいいです。知らない土地で充電なくなると死にかけるから。

極力、遠征は大きめのリュック一つに収まるくらいの荷物で行くと、移動などが楽です。

貴重品などがすぐ取り出せる用の小さめバッグもあれば便利です!

遠征にお勧めの、荷物預かりサービス!

最近はシェアリングエコノミーで、カフェやオフィスの空きスペースで荷物を預かってくれる、荷物預かりサービスというものがあります。

おすすめのサイトは、ecbo cloak!(要登録)

ecbo.cloak

当日の予約でも可能な場所もあり、非常に便利です。

バックサイズであれば、300円、スーツケースサイズ(楽器等も!)であれば600円で預かってもらえます。

日帰り?宿泊?

日帰り遠征はあり?

全然ありです!

距離的には大阪⇔名古屋くらいであれば余裕で日帰りでライブ見れます。

宿泊するお金がない!

そんな人におすすめなのは、ネットカフェもしくは、カプセルホテル

ネカフェはフラットシートがある所をお勧めします。

ライブ後は疲れているので、ネカフェでも意外と寝れてしまいます。シャワーも浴びれます。

意外と快適、貧民の見方、ネカフェ!

ライブハウスから近く、中心地やバス停からも近い、東京と大阪のお勧めのネットカフェも貼っておきます。

両方、女性専用エリアがあるので、女の子も安心して泊まれます。

東京(グランサイバーカフェ バグース新宿店)

ナイトパック
5時間 ¥910
8時間 ¥1,480
※パック週末(金土日、祝日、祝前日 ¥200増)
※非会員 平日¥100増/金・土・日・祝・祝前日200円増

グランサイバーカフェ バグース新宿店

大阪(サイバック西心斎橋店)

ナイトパック
9時間 \1,278(週末 \1,463)
12時間 \1,741(週末 \1,926)

サイバック西心斎橋店

カプセルホテルも一度泊まったことがありますが、思ったより快適でした。

やっぱり布団で寝れる幸せ

カプセルホテルは外国人観光客がすごい多かったです。

学割や就活割引などもあるので、学生にもおすすめです。

ライブまでの過ごし方

新幹線や飛行機なら好きな時間に、遠征先に行くことができるのですが、夜行バスで遠征をすると早朝に遠征先についてしまいます。

ライブは大体夜なので、相当時間ができてしまいます。

お金があれば観光をしたらいいのですが、お金のない時や、行きたい場所がない時のおすすめの時間のつぶし方を紹介します。

図書館に行く!

図書館はどこの町にもありますし、無料で、エアコンも効いていて、wifiもあったり、充電もできたり、コンビニが併設されているところも多いです。しかも読書は時間をつぶすのにはもってこい!

最高の暇つぶし施設です。

風呂屋に行く!

風呂屋は、数百円で入ることができ、心身ともに癒され、移動の疲れも取れ、スーパー銭湯だと仮眠もできます。最高!

 

次回の記事では、実際に私が大阪から東京遠征に行くので、遠征までの準備などをかけたらいいなと思っています。

それでは。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

記事が面白いと感じたら、下のボタンよりシェアよろしくお願い致します。

Twitterのフォローも絶賛受付中!!!!

ツイ廃ほなをいますぐフォローしよう↓↓↓