バンド

これからのバンドマンの生き残り方。ReVision of Senceから見るマーケティング

どうも、ほな(@mu_mk_re_trk)です。

バンドだけで、生きていくのは難しいという話を以前書きました。

あわせて読みたい
バンドとお金とブログを書く理由皆さん、バンドマンってどれくらい儲かるか知っていますか? 答えは、全然儲からないが正解です。 今日は、バンドとお金の話。 そして、なぜ私がインディーズバンドのライブに通うのか、ブログを書く目的は何なのかを書きます。 ...

 

無料で音楽を提供していて、物理的なCDを一枚も販売せずにグラミー賞を受賞した

「チャンス・ザ・ラッパー」のことを書いた記事を読んで、

まあこれからはこういう生き残り方をしていかないと厳しいよな。と思いました。

時間がある人は読んでみて下さい。

 

要約すると、音楽はもう有料で聴く時代じゃなくなってきてるんですね。悲しいけど。

なので、個人のブランド力に重きを置いて生き残っていかなければならないという事です。

 

どういう事?と思う人が大半だと思います。具体的に話しましょう。

私はあんまり好きじゃないですが、こういうブランディングをしているバンドを知っています。

ライブキッズが大好きな、ReVision of Senceです。

ReVision of sence は賢い

好き嫌いは個人の自由だと思うので言いますが、

私はまじでこういう売り方は好きじゃない。笑

 

トイレの上でライブをして炎上したり、

音楽を無料で聴けと言ったりして炎上しています。

 

でも、バンドの売り方は圧倒的に賢いんですよね。

ちなみにやっている音楽はこんな感じ。

 

ライブも音楽も、ただ純粋に楽しみたいだけの低年齢層に向けてやっています。

まさに、無料で音楽を聴くのが当たり前の世代をターゲットにしています。

だから、無料で聞いたらいいみたいなツイートをしてるんですね。

 

それで、炎上したところで、名前が売れるので、美味しいのです。

いわゆる炎上商法。

 

Twitterの使い方もめちゃくちゃうまい。

固定ツイートで一発で自分たちの事がわかるようにしてますし、

 

 

Vo.はYoutuber的な動画もあげてたりします。

 

マネジメントしてる人を知ってるのですが、やっぱ賢いですよね。

ちゃんと、バンドをビジネスとして捉えて、ペルソナ設定までしている

これからは、バンドのマネジメントにもこういう考えが絶対必要で、

むしろこういう考え方をしないと生き残れない時代だと思います。

 

なぜ私は嫌いなのか

こんなに褒めておいて、なぜ私は嫌いなのか、というと。

答えはシンプル、ロックじゃないからですね。笑

炎上商法が気に食わねえ。

 

そんな事しなくても、

こんないい事も言えるバンドなのに、

あんな感じの音楽して、炎上商法までする必要あるのかなと思ってしまう。

まあ、人それぞれなんでいいんですけど。

 

CDが売れない、音楽が売れないと嘆く前に、

それを理解して、時代に合わせて行ってるのが本当に賢い。

見習うべきポイントはめちゃくちゃありますよね。

これからは、バンドマンも頭を柔らかくしてお金の稼ぎ方を考えないと絶対に無理です。

 

バンドにオススメの副業の記事も過去に書きました。

あわせて読みたい
バンドマンならココナラで音楽やスキルを売れ!会社員バンドマンや、飲食店でバイトしているバンドマンが多い中で私から少し提案です。 せっかく、音楽ができるという素晴らしい才能があるのだから、そのスキルを販売してみてはどうでしょう? そんなことできるん!?と思った人も多いはず。 ココナラというサイトを使えば、自分のスキルを売ることができるんです。 強者はこれだけで、生計を立てている人もいます。 まずは副業的に始めたらいいのになあ、と思ったので、どんな感じで音楽スキルを売れるのか、紹介していきたいと思います!...

 

今後、バンドのマネタイズとかマネジメントめっちゃしてみたい!

誰か話持ってきてください。笑

絶対に売らせますよ。

それでは。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

記事が面白いと感じたら、下のボタンよりシェアよろしくお願い致します。