ほなのこと

はじめて死ぬかもと思った。そして死にたくないと思った。

どうも、ほな(@mu_mk_re_trk)です。

みなさんご存知の通り、昨日大阪で震度6弱の大きい地震がありました。

自宅も職場も大阪市北区なのですが、今のところ私は特に被害もなく無事です。

心配の連絡くれた方々ありがとう!

 

私が生まれたのは1995年。阪神淡路大震災の年です。

3月生まれなので、震災の時はお腹の中にいました。

なので、はじめてこんなに大きい地震を体験しました。

そして、人生ではじめて死ぬかもと思いました

地震の時

地震の時、私は通勤バスに乗っていました。

半分寝かけながらバスに揺られていると、突然乗客全員の携帯から、不気味な音が。

「緊急地震速報です 強い揺れに警戒してください」

と、携帯が鳴った瞬間、

「大きな地震が発生しています。運転手はただちに安全な場所を確保し、停車してください。」と

車内放送が入りました。

 

外を見ると、電柱がワッサワッサ揺れています。

運転手も、テンパっていたのでしょう。

停車したのは、高架下

 

「あっ、これ高架が崩れたら死ぬ。」とまじで思いました。

みなさんも教科書で見たことあるんじゃないでしょうか。

阪神淡路大震災の有名な写真

 

バスなので、自分で場所を変えることもできず、

同時に思ったのは、「死にたくない」

明日死んでもいいように生きていても、死にたくない

少し前、美少女とロックに載せてもらったときに

「明日死んでもいいように毎日生きる」と書きました。

毎日結構後悔なく過ごしているし、

死んだら死んだ時だわって思ってたんですけど、

実際に「死ぬかも」と思ったとき、真っ先に思ったのは「死にたくない」でした

 

まだまだやりたいこといっぱいあるわと思った。

同時に、そう思えることはすごく幸せなんじゃないかとも思いました。

世の中には、やりたいこともなく、ただ会社に通っている人がいる中で、

自分のやりたいことに向けて、退職したり、死にたくないって思えたりする人生でよかった。

備えあれば憂いなし

私の家は防災バックをすでに用意していたので、とくに買い貯めたりはしませんでしたが、

死なないために、事前に準備を徹底しておくことは本当に大事だなと実感しました。

体験してみないと当事者意識は生まれないものですね。情けない。

 

絶対に買っておいた方が良い防災グッズ

水は絶対必要!!

最近の非常食はカンパンとかじゃなく、クオリティの高いものも多いです。

簡易トイレも用意しておきましょう。

防寒対策大事!

救助の際に必要になります。

その他あった方が良いもの

万が一の時は

 

少しでも早く、愛する大阪に日常が戻りますように。

早くビクビクしながら眠る日々が終わって欲しいです。

 

それでは。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

記事が面白いと感じたら、下のボタンよりシェアよろしくお願い致します。