ライブハウスに行きたい

“ライブハウスに行きたい”~チケットの取り方②~取り置き、手売りチケット編

どうも、ほな(@mu_mk_re_trk)です。

今回は、“ライブハウスに行きたい”~チケットの取り方②~取り置き、手売りチケット編です。

ライブに行きたい!でもチケットってどうやって取るの?

チケットの取り方、全部解説します!

取り置き

取り置きとは

チケット取り置きとは、口約束のチケット予約システムです。インディーズのバンドや、駆け出しのバンドなどがやっています。

「取り置き可」「バンド予約可」などと書いていたら取り置きが出来ます。

取り置きの仕方はHPのメールフォームからや、Twitterから出来ます。

 

実際に私が取り置きをしてる画像を貼っておきます。

このように簡単にライブの予約ができます。

あとは当日ライブハウスに行き、「”名前”で取り置きしています」と伝え、お金を払うと入場できます。

基本的にその日の出演バンドどのバンドからでも取り置きはできますが、チケットの売れた枚数(お目当てのバンド)、取り置きからライブに足を運んだ人数で出演料が変わったりもするので、応援しているバンドから取り置きするのが良いです。

余談ですが、ライブハウスでは入場の時、チケットの半券を切り取る際にお目当てのバンドを聞かれます。

取り置きの入場順は?キャンセルは?行けなくなった場合は?

取り置きの入場順はチケットより後になることがほとんどです。

 

行けなくなった場合はどうしたらいいの?

取り置きは口約束でしかないので、取り置きしてるのに行かなくてもキャンセル料などは発生しませんが、バンドに取り置きキャンセルの旨を伝えておく方が良いでしょう。

無断キャンセルはバンドマンが悲しみます。

手売りチケット

バンドが物販などで直接売っているチケットです。

ライブのMCで「今日物販で、5/6のチケット売ってるんで、よかったら遊びに来てください!」みたいな感じでアナウンスがされます。

整理番号も手売りチケットが最速な事が多いです。

物販、MCがわからない方はこちら↓

あわせて読みたい
"ライブハウスに行きたい"~基本用語~今回は、"ライブハウスに行きたい"~基本用語~です。ライブにおける音楽用語など基本から解説します。ハコ/キャパ/ロッカー/クローク/バーカン/先行物販/モッシュ/ダイブ/ワンマン とは...

 

これでライブハウスに行きたい”~チケットの取り方~は終わりです!

次の記事は、ライブハウスに行きたい”~どんな格好で行けばいいの?~です。

それでは。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

記事が面白いと感じたら、下のボタンよりシェアよろしくお願い致します。