飲酒

プロの酔っ払いが教える、二日酔いにならない方法、二日酔いに効くもの

どうも、ほな(@mu_mk_re_trk)です。

 

「もう一生お酒飲まない」「平日に飲みに行かない」「禁酒しよう」

何度そんなことを心で思ったでしょうか。

そして、何回その誓いを破ったでしょうか。

お酒の失敗はだれにでもあることですよね。

私も定期的にしこたまお酒を飲んでやらかします。

お酒がめちゃくちゃ弱いわけではないし、自分がどれだけ飲んだらやばいかということも、わかっているのに、
つい楽しくなっちゃってしこたま飲んでしまう。

 

「そんな酔っ払うまで飲むなよ、大人だろ」と、まともな人からの声が聞こえてきそうですね。

まじで、ぐうの音もでない。でも、飲んでいる時は自分が酔っ払っている自覚はあまりないんですよ。

ちなみにこの世で一番信じてはいけない言葉は、

「もうお酒飲まへん」で、

二番目が「酔っ払ってないよ~」と「ちょっと休憩しよ」です。

 

次の日起きてから、「やっべ、昨日の記憶がまるでない」と思ってから反省するんですよね。

それでも、2日後くらいには、「お酒飲みたいな~」なんて思っちゃってるのが酒飲みのたちの悪いところ。

反省はするんです。人に迷惑かけたりしたらちゃんと次の日に謝罪しまくります。
でも、またお酒を飲んでしまう。

なので、もう開き直りました。(えっ笑)

酒飲みは酒飲みです。辞められない!笑

だってプロの酔っ払いだもの!

 

せめて、二日酔いにだけはなりたくないですよね。

なのでプロの酔っ払いが二日酔いにならないための方法、二日酔いに効くものを紹介します

前フリなっが!

二日酔いにならない方法

水を飲む

もう正直これが全て。

むしろこれ以外の対策ほとんどしていません。

とりあえずどんなにベロベロでも水を大量に飲んでから寝る

 

ちなみに、ここで豆知識ですが、

飲酒した次の日に異様にお腹がすくのは、

アルコールを分解するのに糖分を使っていて、低血糖症になっているらしいです。

なので、水の代わりにポカリを飲んでから寝ると、次の日ドカ食いせずに済みます。

ヘパリーゼを飲む

連日大量に飲む予定があるときだけ、ヘパリーゼを飲んでいます。

ウコンは漢方薬でヘパリーゼは医薬品なので、ウコンよりヘパリーゼが良いです。

二日酔いに効くもの

二日酔い茶漬け

普通のお茶漬けに、生姜チューブと梅干しを入れる!

これまじでお勧めです。

梅干し→胃を守る

生姜→吐き気を抑える

ので、理にかなっています。

もし米食べるのがきつい場合は、醤油と白湯に生姜入れて飲んで、梅干しかじるだけで大分違います。

私は年に1回くらいしか飲まないですが、飲むのであればこれがおすすめです。

私の経験からこれが1番効きます。

 

色々紹介しましたが、本当は二日酔いになるまで飲まないことが1番!

ほどほどに楽しく飲みましょう(自戒)

 

それでは。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

記事が面白いと感じたら、下のボタンよりシェアよろしくお願い致します。